協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸用語集 > メチオニン

アミノ酸用語集


【メチオニン / 略号:Met】

食品から摂取しなければならない必須アミノ酸の一つで、硫黄を含んだ含硫アミノ酸です。また、メチオニンは食品の栄養強化などにも使われています。メチオニンは、生体内でグルタチオンやタウリンに変換されます。また、コレステロール低減作用や肝機能改善作用、免疫増強作用などが報告されています。長期にわたって大量に摂取した場合には、他のアミノ酸に比べ毒性が出やすいので注意が必要です。

メチオニンの機能

  • メチオニンは、脂肪燃焼に関わるカルニチンの生合成原料です。
  • メチオニンは、免疫と深い関連のあるグルタチオンの原料となります。
  • メチオニンは、タウリンとなりコレステロール分解を促進します。

※参考資料:神谷俊一 著「アミノ酸バイブル」(三水社)

アミノ酸用語集インデックスに戻る