協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸用語集 > グルタミン

アミノ酸用語集


【グルタミン / 略号:Gln】

グルタミンは筋肉内に豊富に存在するアミノ酸の一つです。筋肉におけるアミノ酸組成の30〜50%以上がグルタミンです。グルタミンは、筋肉のタンパク合成に関わっており激しい運動後の筋肉の破壊を防ぐ効果があり、トレーニング後の筋肉疲労の回復を早めます。
また免疫に関係する細胞や組織のエネルギー源として使われやすいアミノ酸であることから、グルタミンを摂取することにより免疫力のアップが期待できます。
もう一つグルタミンの重要な役割として、胃腸粘膜の保護作用があります。グルタミンは、胃腸粘膜を形作る細胞の合成を促進することにより、食物の消化吸収や腸からの病原菌の侵入を防ぐといった効果を示します。
アミノ酸としては非必須アミノ酸ですが、ストレスが溜まった時、激しいトレーニングをした時や怪我をした時など、体調によっては補給する必要のある必須アミノ酸とされることがあります。

グルタミンの主な機能

  • グルタミンは、筋肉づくりをサポートします。
  • グルタミンは、免疫増強効果があります。
  • グルタミンは、胃腸を保護します。

※参考資料:神谷俊一 著「アミノ酸バイブル」(三水社)
FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN . No.206(2002)

アミノ酸用語集インデックスに戻る