協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸用語集 > システイン(シスチン)

アミノ酸用語集


【システイン(シスチン)/ 略号:Cys(Cyss)】

反応性に富むスルフィドリル基を持ち、硫黄原子を含むアミノ酸です。この性質により、抗酸化作用や皮膚の紫外線防御作用などが知られています。 シスチンはシステイン2個がSS結合で結びついたものです。

イメージ図

システインの機能

  • システインは、メラニンをつくる酵素チロシナーゼの働きを抑えることが報告されています。
  • システインは、抗酸化作用を持つことが知られています。
  • システインは、爪や髪の毛のタンパク質、ケラチンに多く含まれるアミノ酸で、シスチンとなってタンパク質の構造を安定にします。

※参考資料:神谷俊一 著「アミノ酸バイブル」(三水社)

アミノ酸用語集インデックスに戻る