協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸用語集 > GABA(γ-アミノ酪酸)

アミノ酸用語集


【GABA(γ-アミノ酪酸)/ 略号:GABA】

GABA(γ-アミノ酪酸)は、動物、植物、微生物など自然界に広く分布している非タンパク質構成アミノ酸です。
体内では、グルタミン酸から生合成されます。GABAは脳内の抑制性神経伝達物質としてはたらき、不安状態や興奮を和らげる精神安定作用があります。また、交感神経からのノルアドレナリン放出を抑えることにより、血圧低下作用も報告されています。発芽玄米や発酵食品に多く含まれます。

GABA(γ-アミノ酪酸)の機能

  • GABA(γ-アミノ酪酸)は、脳の神経伝達物質の一つです。
  • GABA(γ-アミノ酪酸)は、脳機能改善作用があります。
  • GABA(γ-アミノ酪酸)は、血圧低下作用があります。
  • GABA(γ-アミノ酪酸)は、リラックス作用があります。

※参考資料:食品加工技術(日本食品機械研究会)
Vol 26.No.1(2006)「ギャバの機能特性と健康志向食品への展開」

アミノ酸用語集インデックスに戻る