協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸用語集 > オルニチン

アミノ酸用語集


【オルニチン / 略号:Orn】

オルニチンは、タンパク質中には含まれていませんが、私たちの体の中を含め自然界に広く存在するアミノ酸です。食物中では、シジミ貝に多く含まれていることが知られています。
オルニチンは、脳の下垂体という場所に作用して成長ホルモン分泌を促進します。このため、組織中のタンパク質合成が進み筋肉増強や傷付いた腸管の回復が促進されます。
また、オルニチン回路を活性化して、肝臓でのアンモニア代謝を促進する作用も知られています。さらに、免疫を担う細胞を活性化して免疫力をアップさせたり、細胞の増殖因子であるポリアミンの量を増やすはたらきが知られています。

>> オルニチンの詳細はこちら

オルニチンの機能

  • オルニチンは、成長ホルモンの分泌を通し筋肉増強作用を示します。
  • オルニチンは、筋肉量を維持して、ダイエットをサポートします。
  • オルニチンは、肝臓でアンモニア代謝を促進する作用があります。
  • オルニチンは、免疫力を高める作用があります。

※参考資料:神谷俊一 著「アミノ酸バイブル」(三水社),
FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN . No.206(2002)

アミノ酸用語集インデックスに戻る