協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸用語集 > グルタチオン

アミノ酸用語集


【グルタチオン / 略号:GSH】

グルタチオンは、アミノ酸が3つ連なった化合物(ペプチド)で、グルタミン酸、システインとグリシンからなります。生体内では、抗酸化物質として活性酸素などの酸化ストレスから細胞を防御する重要な役割を持ちます。またグルタチオンは、肝臓に多く含まれますが、そこで体内の異物を解毒する際にも必要な化合物です。

グルタチオンの機能

  • グルタチオンは、抗酸化物質として活性酸素などの酸化ストレスから細胞を守るはたらきがあります。
  • グルタチオンは、肝臓で異物の解毒作用を持つことも知られています。

※参考資料:神谷俊一 著「アミノ酸バイブル」(三水社)

アミノ酸用語集インデックスに戻る