協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:シトルリン > 血管年齢とシトルリン
タイトル画像

あなたの血管年齢は何才ですか?


カラダをめぐる血管のはたらき。

 血管は、総延長がおよそ10万km。その長さは地球を2周以上するほどと言われています。その多くは毛細血管。手足の冷えや肩こりは血管の機能低下を表している可能性があります。

人は血管とともに老いる

 アメリカの内科医の有名な言葉です。実は、血管も肌などと同じように加齢とともに老化することが知られています。血管が老化すると弾力が低下して、柔軟性に乏しい血管になってしまいます。この状態は、新しくてしなやかなホース(=しなやかな血管)と、古くなって硬くボロボロになったホース(=柔軟性の失われた血管)に例えるとわかりやすいかもしれません。

血管年齢

 血管の老化は、血管年齢という形で測定することができます。血管年齢は血管の硬さ(動脈硬化指数)から算出される新しい指標ですが、健康診断のオプションなどで測ることができます。

血管の健康に役立つシトルリンのはたらき

 血管をしなやかに健康に保つこと、すなわち若々しい血管を保つことは非常に大切です。シトルリンは血管を拡げ血流の流れをスムーズにする働きがあるので、冷え性改善やむくみ改善、男性機能の改善など、様々な健康作用が期待できます。

  では、シトルリンは具体的にどの様な働きをするのでしょうか。次の項目から具体的に見ていきましょう。

カラハリ砂漠のスイカの写真
血管年齢とは

シトルリンの持つ作用

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10アルギニン