協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:シトルリン > 期待される効果
タイトル画像

シトルリンの期待される効果


効果動脈硬化防止筋肉増強スポーツパフォーマンスの上昇冷え性改善むくみ予防美容

動脈硬化の予防に、シトルリンの果たす大きな役割。

 血管にとって非常に怖いのが動脈硬化です。動脈硬化とは、血管が厚く硬くなり、内側が狭くなった結果、詰まりやすくなった状態を言います。最近では関連して、内臓脂肪→高血圧・高脂血症・高血糖→動脈硬化という連鎖が引き起こす「メタボリックシンドローム」なども注目されています。動脈硬化は自覚症状がないため気付かない場合が多く、突然に心疾患や脳血管疾患などを引き起こす原因になりかねません。こうした事態を引き起こさないためには、血管のメンテナンスが大切。そこで大きな役割を担うのがシトルリンなのです。

  「シトルリンの持つ作用」でも触れたように、シトルリンがNO(一酸化窒素)の生成を高め、血管を拡げる作用があることが解明されてきています。シトルリンが血管を守る、大切な役割を担っているのです。

主な死因別死亡数の割合

冷え性改善やむくみ防止など、様々な健康効果が期待されます。

 NO(一酸化窒素)の生成を促すことによって血液の流れがスムーズになります。栄養素などを身体のすみずみにまで運べるようになり、さらに老廃物などは滞りなく運び出せるようになります。こうした働きから、筋肉増強やスポーツパフォーマンスの向上や美容、冷え性改善やむくみ予防、男性機能の改善など、さまざまな健康効果をシトルリンに期待することができます。

  人間の身体には血管の収縮と拡張を調節し、血液の流れをコントロールする仕組みが備わっています。シトルリンは、NO(一酸化窒素)の産生を促して硬くなった血管を拡げ、血液の流れを良くすることに貢献しているというわけです。

各効果の詳しいデータに関しては以下のサイトをご覧下さい。

シトルリンがサポートする健康
シトルリンがサポートする健康

「シトルリン×砂漠」

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10