協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:シトルリン > シトルリン × 砂漠
タイトル画像

シトルリン×砂漠:砂漠の暮らしには、シトルリンが欠かせない!?


砂漠の野生スイカ、その脅威の生命力を支えるシトルリンパワー

 アフリカ大陸のカラハリ砂漠で暮らす狩猟牧畜民族サンの人々。彼らにとって水の確保は重要なテーマですが、その中で大きな役割を果たしているのが野生スイカです。日本のスイカとは異なり甘みはなく、実も小さく、果肉も赤くありませんが、その水分は貴重な生活用水として役立てられています。ところでこの野生スイカ、なぜ過酷な砂漠を生き抜くことができると思いますか? 驚異の生命力を支えているのは、葉にたくさん蓄えられた「シトルリン」の力だと言われています。

 シトルリンはアミノ酸の一種です。日本の研究者によってスイカから発見され、1930年にスイカの学名「Citrullus vulgaris」にちなんで名前が付けられました。スイカの原種と言われるカラハリ砂漠の野生スイカには、特に多く含まれることが知られています。発見の歴史は古いのですが、日本で食品素材として利用できるようになったのは2007年8月からとつい最近の話。清涼飲料水やドリンク剤、ガム、タブレットなど、さまざまな商品に使用されており、みなさんもコンビニやドラッグストアで見かけたことがあるのではないでしょうか。シトルリンにはさまざまな効果が知られていますが、特に注目されているのが、血流を良くするはたらきです。

カラハリ砂漠のスイカの写真
カラハリ砂漠のスイカの写真
カラハリ砂漠のスイカ
※写真提供:奈良先端科学技術大学院大学 明石欣也先生

シトルリンが含まれる食品

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10アルギニン