協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:コエンザイムQ10 > コエンザイムQ10の効果 2
タイトル画像

コエンザイムQ10の効果 2:コエンザイムQ10で、エネルギー生産を活性化。


エネルギーをつくり出すときに、コエンザイムQ10が大活躍。

 人間が生きていくためには、摂取した食物をエネルギーに変えるという作業が必要です。私たちの細胞の中には「発電所」と言われるミトコンドリアがあり、そこで毎日エネルギーがつくられています。体内にある60兆個の細胞それぞれに多数のミトコンドリアがありますから、その数は天文学的。この膨大な数の発電所でエネルギー生産に活躍しているのが、コエンザイムQ10なのです。

イメージ図
コエンザイムQ10は細胞内のミトコンドリアで活躍しています。

24時間エネルギーを必要とする心臓に、特に多く存在します。

 コエンザイムQ10は心臓に特に多く存在しています。心臓は休むことができず、常にエネルギーを必要としているからです。実際、心臓病の患者さんでは心臓のコエンザイムQ10が低下していることが知られており、心臓の機能とコエンザイムQ10に深い関係があることがわかります。

 心臓は血液を全身に送るポンプのはたらきをしています。だからコエンザイムQ10が不足すると、このポンプ機能が低下し、血液の循環が悪くなります。その結果、血行不良による足のむくみや肩こり、低血圧、心疾患の悪化など、さまざまな不調や病気を引き起こすとも考えられています。


効果的な摂取方法

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10アルギニン