協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:コエンザイムQ10 > インタビュー
タイトル画像

インタビュー:日本コエンザイムQ協会、山本理事長に聞きました。


「品質表示マーク」を発行し、コエンザイムQ10の普及に努めています。

コエンザイムQ10は、生命活動に欠かせません!

 人が老化していく過程には様々な説がありますが、最も分かりやすいのは、「生命活動になくてはならないものが年をとるとともに失われていき、細胞がガタつき老化する」という考え方です。この加齢とともに減少する成分を上手に補うことができれば、抗加齢に役立つと考えられます。

  コエンザイムQ10が注目を集めているのは、まさに、“生きていく上でなくてはならないもの"でありながら、加齢とともに細胞から失われていくからなのです。
私たちが生きていくためにはエネルギー(ATP)が必要です。ATPは細胞のミトコンドリアと呼ばれる工場で作られていますが、50年前に米国のクレーン博士がコエンザイムQ10が無いと工場が稼働しないことを明らかにしました。つまりコエンザイムQ10がないと私たちは生きていけないのです。

  年をとると、私たちの細胞がサビやすくなることがわかっています。これを防ぐのが抗酸化物質で、コエンザイムQ10もその一つです。コエンザイムQ10が私たちの身体のあらゆる場所に存在するのは、細胞が酸化されていくのを防ぐためと考えられています。

だからこそ、手軽に効率よく安心して摂取したいですよね

 コエンザイムQ10をサプリメントとして摂取された方の中でも特に中高年の方々から「寝覚めが良くなった、美しくなった」といった
声が寄せられています。

  また、もともと体内にある成分だからと思われますが、深刻な副作用が一例も報告されていないのも安心ですね。

ご購入の際は、信頼の証「品質認定マーク」をお確かめください

 コエンザイムQ10は、日本でも2001年からサプリメントとして広く利用できることになりました。私たちは、コエンザイムQ10に関する正しい知識の普及と、基礎研究の奨励を目的に「日本コエンザイムQ協会」を設立しました。また消費者保護のために、信頼できる製品には「品質認定マーク」を発行しています。

  「吸収のよいソフトカプセルであること」、「コエンザイムQ10の含有量が30mg以上であること」、「信頼できる工場で生産されていること」、「コエンザイムQ10以外の成分が安全であること」、などが条件となっています。

日本コエンザイムQ協会では、1日100mg以上の摂取を奨励

 コエンザイムQ10は油に溶けやすい素材なので、油分を含んだ食事と一緒に摂取するのがよいでしょう。体内での吸収率は個人差があるので、50mgの摂取で十分な人もいれば、200mgでも足りないという人もいます。まずは、1日100mg以上摂取することをおすすめします。私自身は毎日300mgのコエンザイムQ10を飲み、日々の健康を実感しています。おかげで、学部長や理事長の重責が果たせているのだと感謝しています(笑)。

山本氏写真
日本コエンザイムQ協会 理事長
山本 順寛氏(やまもと よりひろ)

東京工科大学応用生物学部長・教授。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士。活性酸素・フリーラジカルの生化学をテーマに研究、世界初のフリーラジカル消去薬の開発にも関わった。コエンザイムQ10に関する研究の第一人者。国内外で幅広く活躍している。


品質認定マークの画像

品質認定マーク(協和発酵バイオは、日本コエンザイムQ協会賛助会員です)


健康成分研究所のホームへ

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10アルギニン