協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:グルコサミン > 効果をデータで実証
タイトル画像

効果をデータで実証:テストが実証する、MSMの併用効果。


「膝の痛み」や「日常生活のしやすさ」が、改善されました。

 グルコサミンの関節への効果については、膝関節に痛みを持つ人を対象にした試験が実施されています。その結果、グルコサミンの摂取により試験開始前と比べて「膝の痛み」が80%、「日常生活のしやすさ」が50%程度改善していることが確認されました。



グルコサミンの関節への効果に関する調査結果

調査結果のグラフ
[調査の方法]
  • 50名の変形性関節症と診断された人(平均年齢69歳)が試験に参加しました。
  • 参加者にはグルコサミンの含まれた食品(グルコサミンとして1日1500mgあるいは1000mg)、グルコサミンを含まれていない食品(プラセボ)、それぞれを8週間ずつ摂取してもらいました
  • 4週間ごとに医師の問診により膝の痛みなどの症状を評価して、試験開始前と比べて症状がどのくらい改善しているのか確認しました。
  • 参加者は自分が今どちらの食品を摂取しているのかは分かりません。グルコサミンの入っていない食品を摂取したときの効果は心理的なもので、これと比較することにより純粋なグルコサミンの効果を測定することができます。

MSMの併用で、関節の痛みがさらに軽減されました。

 グルコサミンとMSMを組み合わせて摂取した場合の効果について、実際に検証しました。摂取期間12週間のテストを通して、グルコサミンとMSMの併用により、関節の痛みをさらに軽減する効果があることがわかりました。



グルコサミンとMSMの併用効果に関する調査結果

調査結果のグラフ
[調査の方法]
  • 初等〜中等度の膝関節症患者118名(41-60歳)が試験に参加しました。
  • 参加者を4つのグループに分け、それぞれにグルコサミン(1日1500mg)、MSM(1日1500mg)、グルコサミンとMSMの両方(いずれも1日1500mg)、どちらも含まないプラセボを12週間摂取してもらいました。
  • 膝の痛みなどアンケートにより評価して、それぞれの摂取により痛みがどのくらい改善したかを比較しました。
  • 参加者は自分が今どの食品を摂取しているのかは分かりません。何も入っていない食品(プラセボ)を摂取したときの効果は心理的なもので、これと比較することによりそれぞれの成分の効果を測定することができます。

 


ナルホドこぼれ話

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10アルギニン