協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:メナキノン > ナルホドこぼれ話
タイトル画像

ナルホドこぼれ話:骨の健康だけじゃない、アンチエイジングの強い味方、メナキノン。


メナキノンは関節や血管にも効果あり。

 メナキノンは骨以外に、関節や血管などに対してもさまざまな健康効果が報告されています。高齢化が進む現代の日本にとって、欠かせない健康成分だといえるでしょう。

関節への効果

 アメリカの調査で、血しょう中のビタミンK濃度が低いと、変形性膝関節症になる確率が高いという報告があります。また、日本でも食事からのビタミンK摂取量が低いと変形性関節症になる確率が高いとの報告があります。ここから、ビタミンKの摂取量が少ないと、膝関節症発症の原因になりかねないと示唆されています。

血管への効果

  血管に関しては、食事からのメナキノン摂取量が低いと冠動脈疾患のリスクが高いという報告や、メナキノン摂取量が低い人は動脈の石灰化が進行しているという報告があります。
  さらに近年では、ビタミンKは血糖値調節などにも関ってくるという報告もでており、ますますアンチエイジングの強い味方として注目されていくことでしょう。

イメージ写真

医薬品との相互作用

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10アルギニン