協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > 注目の健康成分:オルニチン > 期待される効果
タイトル画像

オルニチンの期待される効果


効果運動性疲労改善アルコール性疲労改善日常感じる疲労感の改善

オルニチンに期待される疲労改善効果。

 オルニチンを摂取したグループと摂取していないグループに対して、「日常生活の自覚症状」についてアンケートを行いました。その結果、「全身のだるさ」や「朝の目覚めの気分」といった全ての項目で、オルニチンを摂取したグループの改善率が、摂取していないグループよりも高い値を示しました。特に「考えがまとまらない」という項目では、有意な改善が認められています。

詳しい試験結果は以下のサイトをご覧ください。

イメージ
「考えがまとまらない」に改善効果

アルコール性疲労の改善効果も期待。

 飲酒によって起こる疲労を、オルニチンが抑制するかを確かめるため動物試験を行いました。その結果、オルニチン摂取によって、飲酒翌日の疲労が抑えられることが確認されています。

詳しい実験結果は以下のサイトをご覧ください。

イメージ
オルニチン摂取により飲酒翌日の疲労低減効果が期待

アンモニアの上昇と運動パフォーマンスの低下を抑制。

 運動中、筋肉やエネルギーの消耗により発生するアンモニアは、疲労の原因物質の一つと考えられています。そこで、協和発酵バイオではオルニチンの「運動後のアンモニア上昇を抑える効果」と「運動中の疲労を抑える効果 」について検証しました。その結果、オルニチンを摂取することで、運動後のアンモニア上昇が有意に抑制され、運動パフォーマンスの低下も抑制されました。

詳しい実験結果は以下のサイトをご覧ください。

運動持久力の向上効果を確認

  また、オルニチンの「運動によってアンモニアが上昇するのを抑える効果」と「持久力を向上する効果」について検証するために、協和発酵バイオでは動物試験を行いました。その結果、オルニチンの摂取によって、血中アンモニア濃度の上昇が抑えられ、運動持久力が向上する傾向が確認されています。

詳しい実験結果は以下のサイトをご覧ください。

イメージ
運動持久力の向上に効果が期待

オルニチンが含まれる食品

他の健康成分もご覧ください

オルニチンシトルリンメナキノン

グルコサミンコエンザイムQ10アルギニン