協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > 基礎からわかるアミノ酸:アミノ酸とは
タイトル画像

アミノ酸とは:アミノ酸について、もっと詳しく理解しよう。

アミノ酸が健康に欠かせないのは、私たちの身体そのものがアミノ酸でできていると言ってもいいほど、体内において大きなウェイトを占める成分だからです。たくさん種類がありそれぞれが個性的な活躍を見せるアミノ酸を理解して、毎日の生活にもっと役立ててみませんか?



身体の20%はアミノ酸

私たちの生命活動は、アミノ酸のはたらきで支えられています。

 アミノ酸が体にとって重要な理由はいったいなんでしょう? それは、私たちの体の血管や内臓、皮膚、筋肉などのもとになるタンパク質を構成しているのがアミノ酸だからです。食べたものを消化したり、呼吸したりできるのも、アミノ酸のおかげ。人間の生命活動を支えるためにとても大切なはたらきを担っています。私たちの身体の約20%はタンパク質といわれており、タンパク質はアミノ酸からできていますので体の約20%はアミノ酸。体重50kgの成人であれば、10kgものアミノ酸で身体が構成されているのです。

イメージ図
体重が50kgの人ならば約10kgがアミノ酸です。

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸

たくさんあるアミノ酸ですが、タンパク質になるのは20種類だけです。

 私たちの身体のタンパク質を構成するアミノ酸は全部で20種類あります。自然界には数多くのアミノ酸が存在しますが、この中のわずか20種類が複雑に組み合わさることによってタンパク質をつくっています。これら20種類のアミノ酸は、体内で合成することができず食事からとる必要がある「必須アミノ酸」と、体内でほかのアミノ酸から合成できる「非必須アミノ酸」に分けられます。最近では、アミノ酸の研究が進み、それぞれ個性のあるはたらきに注目が集まっています。

イメージ図
タンパク質を構成する20種類のアミノ酸

遊離アミノ酸

身体の中では、遊離アミノ酸も活躍しています。

 身体の中には、タンパク質を構成する20 種類のアミノ酸のほかにもさまざまなアミノ酸が存在しています。その一つが「遊離アミノ酸」と呼ばれるもので、タンパク質と結合せずに一つひとつのアミノ酸の状態で体内中に存在しています。オルニチンシトルリンといったアミノ酸は、遊離アミノ酸として私たちの体内に存在します。効果的に摂取するためには、サプリメントの使用などが有効と言えます。


効果的な摂取方法