協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸用語集 > カルニチン

アミノ酸用語集


【カルニチン】

カルニチンは、必須アミノ酸であるメチオニンとリジンを原料としてつくられ、アミノ酸と似た構造を持っていますが、正確にはアミノ酸ではありません。体内中の組織に存在しますが、特に筋肉組織に多く含まれています。カルニチン不足になると、細胞内に脂肪の過剰な蓄積が起こることがあります。カルニチンの重要なはたらきとしては、脂肪酸を燃焼してエネルギーをつくり出す過程に必要であることが挙げられます。細胞内で脂肪酸はミトコンドリアという器官において代謝されます。このミトコンドリア内に脂肪酸を運ぶ役目をしているのがカルニチンです。このことから、カルニチンの摂取により、脂肪燃焼を促進して運動時のエネルギー生産を上げたり、筋肉疲労を軽減するなどの効果が期待されます。また、肥満による体重増加を抑えたり、心臓機能の改善といった報告も知られています。最近では、カルニチンの誘導体(アセチルカルニチン)が、神経の保護効果を通して老化による脳機能の衰えを改善するとの報告があります。

カルニチンの機能

  • カルニチンは、脂肪酸をミトコンドリア内へ運ぶ輸送体として、脂肪燃焼に関わっています。
  • カルニチンは、運動パフォーマンスを向上させたり、筋肉疲労を軽減するサプリメントとして販売されています。

※参考資料:神谷俊一 著「アミノ酸バイブル」(三水社)

アミノ酸用語集インデックスに戻る