協和発酵バイオ・ロゴ

ホーム > アミノ酸講座 > アミノ酸の効果:胃腸サポート
タイトル画像

アミノ酸の効果 胃腸サポート:デリケートな臓器である胃腸も、アミノ酸で安心。

胃腸は食事やストレスなどの影響を受けやすく、コンディションを崩すことが多いデリケートな臓器です。胃潰瘍や胃炎の薬としても使われているグルタミンを効果的に摂取することで、胃腸のさまざまなはたらきをサポートできます。

関連するアミノ酸

・グルタミン



グルタミンの効果

胃潰瘍や胃炎の薬にも使われるなど、胃腸の保護作用が知られています。

 胃と腸は食べ物の消化器官であると同時に、異物に対するバリアの役目も果たしています。胃において病原菌の大半は胃酸の酸性に耐えられずに死んでしまいます。腸の表面は粘膜で覆われているので、病原菌が増殖する場所にはなりにくく、大腸では腸内細菌のために増殖できず、最後には排泄されるのです。こうして、私たちは雑菌からの被害を逃れています。ところが胃や腸の粘膜の分泌が、部分的にうまくいかなくなると粘膜が弱り、胃酸や消化酵素で消化管の表面が障害を受けてしまいます。これが潰瘍です。また、小腸や大腸の上皮細胞が障害を受けると、病原菌の毒素や消化不十分なタンパク質が体内に入り、健康を害する恐れが高まります。

 胃や腸の保護に最もよく知られているアミノ酸はグルタミンです。グルタミンは胃潰瘍や胃炎の薬としても使われており、胃腸の優れた保護作用が知られています。潰瘍になった部分を修復するために、細胞は懸命に分裂しようとするのですが、細胞分裂や粘膜分泌のためにグルタミンの要求性が高まります。そのため血流からのグルタミン供給量が不足しやすいと考えられています。

イメージ図
胃腸のさまざまなはたらきをサポートします。

研究者インタビュー